だしの味が良くしみ込む大根の煮つけ

和食には欠かせないだしですが子どもはあまり薄味すぎると食べてくれないことも多く最近主人も私も歳なのかだしの味を感じるような料理のほうが美味しく思うようになりメインで作るおかずではなく副菜としてだしの味が楽しめる料理を作ることのほうが多いですがその中でも大根をだしと少量の醤油だけで煮る大根の煮つけは絶品で週に2回以上は作ってしまうほど主人も私も気に入っている料理です。大根は煮崩れないようにあまり小さすぎない大きさに切りお鍋に水、だし、少しの醤油を入れて大根を入れたら落し蓋をして大根が軟らかくなるまで煮込みます。煮物は冷ましたほうが味がしみるので作ったら食べる直前まではそのままにしておき食事の少し前に火を入れて温めなおすととても簡単に作ることができるだしと醤油の大根の煮つけの完成です。見た目の色はうっすらとしていて味が薄そうですが食べてみるとだしの味が大根に良くしみているので濃い味のおかずの箸休めの副菜にもぴったりです。