内臓脂肪を減らすお酢の効果

お酢は万葉集にも出てくる古くから使われてきた馴染み深い発酵調味料です。但馬のぎゅう鶏スープなら野菜不足をお酢は沢山のパワーを秘めていることを皆さんご存知ですか?お酢の疲労回復効果はよく知られていますが、なんと内臓脂肪を減らす効果があるんです!お酢には酢酸を始めアミノ酸やクエン酸といった有機酸が60種類以上も含まれていて、中でも酢酸が脂肪の燃焼を促し代謝を上げる働きを持っています。また、合わせ酢を通販で人気の口コミは糖の吸収を穏やかにする効果もあり食後の血糖値が急上昇するのを和らげる作用もあり内臓脂肪が付きにくくなります。方法はとても簡単で、1日に大さじ1~2杯のお酢を食事中か食後に飲むだけ。おススメは辛子と一緒に納豆にかけること。納豆の臭みが抑えられて、タレ無しでも美味しく食べられるので塩分を減らすこともでき一石二鳥です。お酢の酸味が気になる人は合わせ酢でも大丈夫です。お酢には高血圧を予防する効果もありダイエットだけでなく体にも良いのでオススメですよ。毎日取り続けないと効果が得られないので上手に日々の生活に取り入れてみて下さい。