煮きり醤油に差が出る! 三河みりん

最近のみりんと言えば、スーパーに良く並んでいるペットボトルタイプが主流です。重量の問題や運送中の破損、ゴミの処分方法を考えるとペットボトルがベストな選択なのでしょう。そんな中で、「三河みりん」は今ではちょっとレトロな「瓶」詰めの状態で販売されています。そのせいか手に取ると少し重いですが、まずは開封して一口舐めてみてください。重量のことなど忘れてしまうような濃厚な甘味と旨みが、口いっぱいに広がります。それもそのはず、原材料はもち米、こうじ、焼酎だけ。その他の材料は一切添加されていない「本来のみりん」なのです。我が家ではこのみりんだけを好んで飲もうとする不逞の輩がいるほど、単体で美味しい調味料です。さて、みりんを使う料理と言えば、代表格はやはり煮物と照り焼きでしょう。三河みりんはこれらにももちろん合います。かなり甘味が強いので、砂糖を減らして調理したり、砂糖を使わず甘味は三河みりんだけでもOKな料理もあります。しかし私の一番推しは煮物でも照り焼きでもありません。三河みりんを使った「煮きり醤油」で「漬け丼」をオススメします!煮きり醤油を作った段階で、普通のみりんとの違いはわかります。しょうゆが「ほろほろ」しているのです。おそらく糖分の違いだと思いますが、これで漬けたマグロやサーモンは絶品です。ぜひお試しください。